コスト削減で会社経営をうまくやりくりしよう!

コスト削減は会社の力を落とさずにやることが重要

企業は利益を上げることが求められるものです。
利益を出さないと、株主から預かった資本を有効活用していないと責められますし、従業員の給料やボーナスを上げる余地が生まれずいい人材を確保することが難しくなるでしょう。
また、将来の成長や他社との優位性を確保するための投資余力を生み出すこともできないはずです。
利益を上げる方法は簡単に言うと3つしかありません。
売り上げを増やすことと、売り上げに比例してかかる比例費を下げること、そして人件費などの固定費を下げることです。
手の込んだやり方としては、給料という固定費を給与体系を変更して歩合給等にすることで比例費化するという方法もありますが、基本的には売上アップとコスト削減が利益を上げる方法です。
コスト削減は一時的に実現させるのは実は簡単です。
会社の将来を考えず、魅力を削り、必要なものであっても買わなければコストは下がります。
しかし、そのやり方では、短期的に利益が上がったとしても翌年そして将来生き残っていくことが難しくなるでしょう。
そういった観点から、コスト削減は会社の力を下げずにコストを削る、もしくはコストを削ることによって会社の体質を強くするという考え方で臨まないと失敗する可能性があるでしょう。

製品製造におけるコスト削減

モノづくりの現場では、コスト削減というのは重要なミッションです。
製品を生産する場合に大切なことは3つあると言われています。
一つが品質、次がコスト、最後が納期を守るという意味でのデリバリーです。
そして、コスト削減が重要なミッションであるといわれる理由は、3つの重要なことが相反する性質があり、コストをかければ品質も納期も守れるようになるため、いかに品質を確保し納期を守りながらコストを下げるかということが難しいという面があるからなのです。
品質レベルを維持するためには、耐久性が高く性能の良い部品を使うことによって実現できますが、コストは上がります。
生産能力に余裕を持たせ多少生産量が多くなっても対応できる体制を整えればデリバリーは実現できますが、設備投資が必要になり、やはりコストが上昇します。
コストを下げながら残りを維持するためには必死に考える必要があるのです。
生産現場では日々この課題と戦っているといっても過言ではないでしょう。
ポイントは最小限の投資で効率を上げることと、無駄を徹底的に省くことです。
手作業の場合は、それこそ一挙手一投足それぞれの時間を計り、無駄のない動き方を研究するといった努力も行われているのです。


おすすめWEBサイト 8選


名古屋の求人広告代理店。あらゆる媒体で企業のニーズに合った募集を行います。


名古屋 広告代理店



不用品回収の実績が豊富。1点からでも依頼できます。


不用品回収 大阪



2019/8/1 更新

『コスト削減』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Config' not found in /home/wtn625lv/olympicsorbust.com/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 17